pkhexでポケモン作成 改造②

趣味・雑記

pkhexで出来ることと操作方法を紹介。

慣れれば数分のパソコン操作で育成済み色違い理想個体アイテムありを量産できるようになります。

 

ポケモンの作成

既存のポケモンを改造

①右クリック参照でポケモン選択

②ニックネーム・レベル・性格を入れる

③持ち物・特性を選択(夢特性も選択可能)

④卵にチェックを入れると卵に、感染に入れるとポケルスを持ちます。抗体状態はポケルス終了の状態。

なつき度、地域、言語のも設定可能

左上の星をクリックすることで色違いに変更可能。

新規のボタンで同内容で内部的には別の扱いのポケモンを生成可能。

性別クリックすると♂♀変更可能。

 

⑤出会いのタブからゲームバージョン、出会った場所、ボールの種類、出会った日を選択、卵状態の場合は卵として出会ったにチェック

 

⑥統計から個体値と努力値を入力、個体値は31、努力値は252で合計510まで入力可能

⑦わざのタブから技を選択して入力、上の緑のマーカーが覚える技

⑧親などからIDと親名を変更可能。IDをいじる際は裏IDを調べること。

⑨キャラアイコンの上のチェックマークをクリックして正規と出たら完了。

⑩できたポケモンをドラッグしてボックスに生成。既に存在する場所にドラッグすると上書きしてしまいます。

ポケモンを新規作成

①種類の欄から作りたいポケモンを選択

②レベル・性格などを選択し設定。伝説などの固定シンボルでは本来出会うであろうレベルよりも上を設定しないとエラーになる恐れあり。

③出会いの項目は固定シンボルは場所とレベルを正規の内容に合わせる必要あり。それ以外は卵で出会ったにしてレベル1で日付を合わせれば基本OK。捕まえたことにするのなら生息地とレベルを合わせる必要あり。

④本来覚える技に変更。覚えているわざの枠内をクリックすると自動で合わせてくれるので楽。卵にした場合は卵技も選択必要。エラーの場合は枠内クリックで最低限の卵技自動選択。

⑤チェックマークを選択して正規なら完了。エラーが出るなら治す。

保存

ファイルから保存PKMを選択すれば作ったポケモンのデータをファイル化して保存できます。

セーブデータはファイルからSAVの保存を選択しmainの保存で上書き、名前を変えて新規保存も可能です。

基本は正規のデータと帳尻合わせ

大事なのは出会った場所や日付、技におかしなところが無いかです。正規のデータをもとに帳尻を合わせましょう。

チェックマークをクリックすればエラーの内容が出るのでそれを参考に作成していけばよいです。

簡単なのはベースだけ手に入れて数値や色をいじれば数字の入力や選択だけで済みます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました