中古カメラでせどり~せどり日記③~

期間工せどり日記

どうもえろちゃんです。

スマホで綺麗な写真が撮れる昨今でも欲しくなってしまうのがカメラ。

人気のあるアイテムなのでせどりも可能!?

購入したもの

Nikon D70s ジャンク品 5400円

ハードオフのジャンクコーナーにて発見

説明には「動作未確認・起動はできました」との記載があり動作確認してないためのジャンク品扱いであり品質的には問題無い場合ならばせどり可能とみて外観などに傷もなかったため色々調べた後購入。

動作確認ができていないのはCF(コンパクトフラッシュ)カードが撮影に必要で現在はSDカードが主流になっているので準備できず確認が取れなかったのだと思います。

ジャンク扱いは狙い目

リサイクルショップには大量の買取品が持ち込まれるため動作確認・品質確認に時間がかかる、特殊な器具が必要といった場合には確認せずにジャンク品扱いで販売されていることがあります。

こういった「動作確認できていないジャンク品」は本来は問題のないものでもジャンク価格で割安になっている物もあるので見抜く知識やスキルがある方には簡単でおススメです。

今回の様に「起動はできるけどちゃんと使えるかは保証しない」というような商品はレンズに不備が無い分には映り方・その他の動作確認ができるのでその場で確認してから購入したほうが良いです。

この方法は使用の裏付けをしっかりとっておかないとジャンク品なので転売しにくく、基本返品・返金不可なので損失を出してしまいます。

相場・出口戦略

付属品レンズ付きでメルカリで7~8000円程度で買われていたので7555で出品。

cfカード付きでもう少し高く買われていましたがcfカード自体が高くてどっちもどっちという感じだったので買った状態で売りに出し、手数料・送料抜いて手取り6000円なので利益は600円+クレジットポイントとなりました。

微益でしたが初めてのカメラ系せどりで勉強になったので、次のカメラせどりはAmazonで高め設定で待ったり、手数料の少ない売り方を試したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました