グッドスピード(7676)

投資・投機

自身が注目しているグッドスピード(7676)について勝手な所感、紹介を IR資料ざっくりまとめたみたいになってしまいました。

実際に車を購入しての買い判断です。

愛知に本社をおく中古車販売会社

ネクステージの同業他社、同一基盤です。

「日本で一番SUVを売る会社」をコンセプトに愛知・東海を中心にバイクや車検といった自動車関連含め30拠点以上展開しています。

創業は2002年、マザーズ上場は2019年12月になっており、上場からみると若い会社です。

従業員数は500人規模、時価総額50億円ほど

グッドスピードの買い理由

採用状況

2021年新入社員は約70名ほどで2022年は100名の募集予定だそうです。

中途採用もほとんどの店舗で常時大量に募集されています。

コロナの影響が残る中で採用を増やしているのは良い傾向、会社の成長・拡大には人材が必要なのでちゃんと成長している証だと捉えています。

ネクステージも就活の時はめちゃくちゃ採用しててブースも活気があってすごかったイメージなのでダブります。

営業力

営業力が凄かった。

車購入の際に数店回りましたがグッドスピードが一番積極的で売りたい意思が強い分、こちらの要望に応えようと努力してくれた印象です。

以前営業をやっていた時に上司に言われたことが全く理解できず、センスと感情で物を言うなと思っていた自分でしたが、グッドスピードの営業さんを客観的にみれたことで、あの日言われたことが次々に腑に落ちていき、気づいたら当日即決していました。

営業力恐るべしです。(その営業さんはめっちゃ成績良いらしいので皆がそうなのかは謎ですが)

ネクステージの模倣

中古車業界大手と言えばネクステージ。

基盤も同じ愛知、大型店舗が目に付き大量在庫、最近は専門店化も進めており、SUVに重点を置きキャンプブームに乗る店舗といったトレンド展開、等正直どっちが先かわからない事もありますが愛知県に住んでて言えるのはグッドスピードはネクステージっぽい。

2社でのシェアの食い合いも他業種と比べると少なそうで、どちらかと言えば大規模企業の寡占化が進みそうなイメージの中古車業界なのでネクステージと対をなす大きな企業に成長してほしいです。

巨人の肩に乗り、すでに成功しているモデルを追うことで経営を効率化、SUV特化やシナジー事業の展開で差別化、雰囲気や勢いも当時のネクステージを彷彿させるので今後が楽しみに感じられます。

愛知中心のドミナント戦略

愛知を中心に拠点をふやしていくドミナント戦略をとっています。

実際、車両保有台数は愛知が400万台を超える保有数で2位東京に90万台以上の差をつけ1位です。

愛知は1人1台という考えが強く需要も多いです。

また、県別平均年収も上位で、自動車産業が盛んということもあって車が売れやすい県であると考え、愛知でのドミナント戦略は合意的であると思います。

MEGA店中心の店舗戦略

グッドスピードのMEGA店は敷地面積2000坪以上、常時在庫200台以上を定義して作られています。

豊富な在庫を持つことでチャンスロスを減らし、購買意欲を高め、シンボルとして機能することで集客力もありそうです。

実際に車を買うとなるとその場でたくさんの実車を見れるのはありがたく、写真で見るよりも気分が上がりますし、いろんな車をみるために店を回らなくてもよいため楽というメリットがあります。

また、店舗は大きく綺麗なためちゃんとした企業という安心感もあり、プレイルーム、多機能トイレといった小さなお子さんがいる人たちの配慮や、ランチが食べられるといった面白い面もあります。

特化・専門戦略

「SUV買うならグッドスピード」を掲げ、今人気のSUVという車種に特化して顧客ロイヤリティ、認知度を上げています。

また、SUVだけでなくミニバン専門店、国産車専門店、外国車専門店と、車種ごとに販売店舗を分けることで目的がはっきりとしている方の来店が期待でき、成約率も高まりそうです。

購入者目線としても店舗選びがしやすく、特化している分在庫も豊富で選択肢が増えるのでありがたいです。

中古車業界のシェア

中古車販売の小売台数は年間260万台超に対し、業界最大手で10万台規模とシェアは5%ほどにとどまっています。

規模の小さい会社が乱立しているため、寡占化の余地が十分にあり、規模の大きい会社への集約が今後起きていく可能性があると考えています。

積極的な拡大路線

2021年はMEGA店2店舗・車検1店舗・国産車1店舗を目標に拡大を行っており、MEGA店に関しては2021年4月に神戸にオープン、9月には静岡予定、愛知豊川も不動産取得と着実に拡大しています。

また、MEGA知立は敷地拡大、車検専門店もリニューアル、新設備追加など既存店のアップグレードも行っています。

買収によりバイク事業も強化され、本業とのシナジーを活かしています。

特筆すべきは2022~23年計画で今まで毎期2店舗だったMEGA出店予定が3店舗以上となっており、手応えと強気が感じられます。

コロナ・半導体不足・キャンプ人気

中古車は不況の時は底堅く、好景気だと下がる業種と言われるため、コロナで先行きが見えない中で新車をあきらめ中古車に、という動きがあり業績も底堅く推移していくのではないでしょうか。

昨今の半導体不足による新車納車遅れも一時的に業績にブーストをかけてくれる事を期待しています。

また、ここ数年キャンプブームが起きており、今後さらにSUVへの興味・需要が高まっていくと思います。

そうなればSUVを強みに持ち、キャンプ用改造バンやレンタカーなどのキャンプに対しての専門性が高いグッドスピードはより知られた存在になるのではないでしょうか。

結論・成長力に期待できるが時価総額が低い

以上の点からグッドスピードはこれからも成長していくと考えますが、現在時価総額50億円程度と比較したネクステージの約1400憶と比べると1/29の時価総額となっており、ポテンシャルを加味すれば低いのではないかとの結論に至りました。

グッドスピードの懸念点

人手不足による成長鈍化

人手不足には多くの企業が悩まされているとは思います。人がいないために黒字倒産や成長足踏み、ブラック化は聞く話です。

車購入の際には「人が全然足りていない、回らない」という話を営業の方から聞きました。株主としては忙しそうでなによりですが、確かに見てて一杯一杯な感じでした。

従業員の疲れや焦りでチャンスロスやサービスの質を下げるような事があって欲しくない、拡大しても人材が足りていなければ成長につながらないと考えるので積極的な採用が成功して多くの優秀な人材が入社してくれることを願うばかりです。

自己資本比率が低い・増資

1Q決算での自己資本比率が7.6%と低い数字です。

ネクステージは30%程度、IDOMが25%程度、プロトコーポレーションは71.4%でどれもグッドスピードよりも売り上げのある会社です。

レバレッジをかけることは新興企業が拡大していくにあたって仕方のないことではありますが、借り入れに依存すれば利益への影響も懸念されます。

また、市場からの資金調達を行う意向であるので、将来的には増資はあり得ると思います。

より成長するため、健全な企業運営のためにも増資は歓迎ですが、希薄化による一時的な株価下落も考えられるのでタイミングは考えていただきたいですね。

既に第三者割当による自己株式の処分を行っていますが条件的には既存株主への配慮がなされていると感じられたため、株主の利益も考えて慎重に判断を下してくれている様に思えます。

成長計画が崩れると脆い

レバレッジ経営はより早く・大きく会社を成長させられますが、前提として拡大による「人件費・設備投資・借り入れコスト」を吸収し利益を出し続けていくことが必要になってきます。

もし吸収しきれず赤字になればレバレッジをかけている分ダメージも大きいです。

つまりコケたらやばい。

コロナ初期は赤字転落し株価は大きく下落しました。今回は乗り越えられた印象ですが、今後予期しない外的要因によって経営が脅かされれば自己資本の低さ、借り入れコストの負担があるために急激な株価下落も有り得そうです。

中古車市場の縮小

新車販売台数の伸び悩みに伴い、中古車市場も頭打ちの状況です。

新車が中古車になり下取りされることで中古車市場に供給されるため新車販売とは関連性が高く影響を受けやすいです。

販売台数減の原因として車離れ、カーシェアリングの普及により車を持つ人が減っていることが挙げられます。

シェアには余裕がある現状ですが市場全体としての発展は今のところ可能性がなさそうです。

素人の個人的な考え

なによりも見に行くと繁盛している様なのが一番の買い理由です。

気になったのは、方針として買取業務を強化とのことでしたが2021年計画では買取専門店舗数が増えておらず今後の計画でも明確に増やす予定が立っておらず強化の方針も出ていないことです。まずはMEGA店という順序で規模拡大、買取併用、下取りもあり、キャッシュを生み出す業態ではないため早急の課題ではありませんが、オークションメインの仕入れだと相場に左右され利益率が伸びない、仕入れはかなり高利益な事を考えると強い会社を作るためにもひと押し欲しいと感じました。ただ今はキャッシュの創出です。きっと。

業界柄クレームなどはネットで確認できますが、ある程度仕方ない部分はあると思います。誠意無き対応や事故につながる重大な欠陥見落としだけはあってはいけないと思いますし問題はないに越したことは無いので責任もってやっては欲しいですが。ネクステージも友達が購入した際に良くなかったとは聞いていたためイメージが良くはなかったですが、駐車場が一杯じゃなければネクステージで車を買っていたかもしれないし、実際に成功している現状が世間の評価を物語っていると思います。

僕自身も実際に購入時・後で軽い車両トラブルがありましたが誠意ある対応をしていただけました。

指標などにも触れたかったですがそれはおいおい

会社のためにも僕のためにもグッドスピードには頑張ってほしい。

保有数は

現物5000株

信用13000株

コメント

タイトルとURLをコピーしました