SR10枚パックはBOXサーチ可能。タッグオールスターズ検証

趣味・雑記

タッグオールスターズ計5カートン分のボックスを計った検証結果です。

何故サーチが可能なのか

SRやURといったレリーフ加工のレアカードはキラカードと比べて0.07g~0.1gほど重く作られています。なので、0.00の単位以上を計れる計りを使用すると明確に重いパックが分かり、サーチができるというわけです。

特にタッグオールスターズはSR10枚パックが存在するので他のパックと明らかな乖離をみせることでBOX自体の重量に影響し、普通なら難しいBOX単位でのサーチを可能にしているわけです。

URはBOXサーチはできない

URはSRと重さが誤差程度しか変わらないのでBOX単位でのサーチは不可です。

ただ、パック単位でのサーチはSR、URと共に可能で更に性能の良い精密な計りと重さの組み合わせ、比較を使えばUR確定といったパックもわかるようです。

検証結果

今回はAmazonで1000円くらいで買った、0.00単位まで計れる中華製の計りを使いました。

計る際は複数個体を用意することで乖離を分かりやすくします。

基本BOX重量 205.80g~206.5g程度

誤差ありますが大体が206gに収束していました。

まれに痛みでシュリンクが緩くなっている個体は205gや206後半の個体も若干、内容は変わらず。

SR10枚パックはBOX207オーバーで明らかな乖離をみせ確定。限りなく207に近い206台も濃厚でしょう。

SR10枚パック自体の重さは19g 複数はかって19なのでこの重さは確定 基本18~18.3

SR、URパックは18.3~18.5程度

安い計りを使ったのでSRエネルギーがまるで分らないのとSRUR1枚自体は他のカードと比べて差が少ないので何度も計りなおしてやっとみつけられるといった印象です。

個体差が範囲内であるので同一グループ間で乖離のある個体を抜いていくといった形が精度的にも安定すると思います。

 

購入の際には注意 未開封カートンが安全

BOX単位でのサーチが可能になるとシュリンク未開封でもサーチがされている場合があり、このパックの醍醐味であり一度は引いてみたいというSR10枚パックが約1カートンに10枚パック1という確率から外れてしまいます。

そうなると本来の価値とは異なるわけであり、逆に売る側からすれば爆アドのBOXだけ抜いてあとは未開封BOXとして価値の毀損無く売却できます。

開封報告や自身のカートン開封結果からカートンに高確率で1パックなので抜き勝ちのBOXですね。

未開封カートンならサーチのしようがないのであとは低確率を外さないだけです。

メルカリなどでBOX未開封買う場合もサーチ済みには気を付けて、信頼できそうな方から購入しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました